山萩 (やまはぎ)

まめ科はぎ属、落葉低木。 沖縄を除く全国各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布している。山地の 草地や林縁にふつうに生え、高さは1〜2メートルとなり、葉は複葉でやや薄く、小葉は広楕円形から広卵形である。花は7月から9月ごろに葉腋から基部につく葉より長い総状花序を出して、赤紫色の花を咲かせる。 茎は冬にほとんど枯れてしまうが、硬いので垣とか戸の材に使用すると風情がある少し高い山に生えている。また、秋の七草の1つにかぞえられるため、草ではなく木であるにもかかわらず草の部に入っている。

hagi.jpg
木のこかげTOPに戻る