唐鼠糯 (とうねずみもち)

もくせい科いぼたのき属 学名Ligustrum lusidum 中国中南部原産の常緑高木。花期は6~7月頃で薄白黄色、穂状に集団での花を多数咲かせる。花房の長さ15cm程度である。ネズミモチに似ているが、花や葉はネズミモチより大きく、裏から葉を透かしてみると、葉脈の細脈が見える点などで区別できる。枝にたわわに果実が付き、冬に黒紫に熟する。また、この実を干したものを漢方薬の女貞と言い強壮剤とする。道路沿いや公園、垣根、公共施設内の緑地に植えられる。

tounezumi.jpg
木のこかげTOPに戻る