ナンテン 南天

メギ科ナンテン属。常緑低木。中国原産で日本では東海道から近畿以西の本州、四国、九州の暖地の山地渓間に自生している。また、古くから庭に栽培され、品種も多数ある。高さは2m~5mほどになり、幹の先端にだけ葉が集まって付く独特の姿である。先端の葉の間から、花序を上に伸ばし、初夏に白い花が咲き、晩秋から初冬にかけて赤色の小球形の果実をつける。実を乾燥させたものには「せき」止めの効き目、葉には「ナンジニン」という成分を含み、殺菌効果がある。その他に 福寿草の花と南天の実とセットで「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けがされることがある。無病息災を願う「南天の箸」もある。防火厄除けとして庭先や鬼門にも植えられる。京都の金閣寺の床柱は、南天の材を使っている。

なんてんなんてん
木のこかげTOPに戻る